小説を書きたい人のためのサイト

小説の書き方(素人)

「 月別アーカイブ:2019年06月 」 一覧

小説は台詞とト書きでできている

2019/06/21   -実践編

 小説は「」で表される台詞とそれ以外の部分で構成されています。  これは一人称の小説であろうと、三人称の小説であろうと共通です。  「」は会話なので聴覚での情報になります。()も心の声なのでこちらに入 …

舞台設定を明示する

2019/06/21   -実践編

 はじめての人にありがちなのが、頭の中ではイメージ出来ているけどそれを文章でどう表現したらいいかわからない事だと思います。  小説も突き詰めれば情報伝達なので、相手に伝わらないと意味がないです。  ま …

小説のどこから書くべきか

2019/06/20   -実践編

 プロット・人物設定・タイムライン・舞台など、小説を書くために必要最低限な資料は整いました。  さあ、小説を書いてくださいと言われても、はじめての人の中には、どこから手をつけていいのかわからない人もい …

”!”や”?”の後は1文字空ける

2019/06/19   -文章の基本マナー

 ”!”は通称ビックリマーク(感嘆符)、正式名称をエクスラメ―ションマークと呼びます。  主に驚いた際や強調の表現などに使われます。  ”?”は通称がはてなマーク(疑問符)で、正式名称がクエスチョンマ …

”・・・”ではなく、”……”で

2019/06/19   -文章の基本マナー

 台詞の終わりなどでたまに「・・・」としている人がいます。  正しくは「……」です。三点リードと言います。  ”・・・”を変換 → ”…”を2つ繋げて使うのが正式な作法となります。 例)  聞こえてき …

段落と改行

2019/06/19   -文章の基本マナー

 段落は文章の集まりです。段落の終わりでは改行(リターンキー)をして、段落の始まりでは『 』スペースを打って字下げするのがルールです。  段落の切り替えポイントは主に4つが考えられます。 1.「」や( …

「」と()の使い方

2019/06/19   -文章の基本マナー

 文章には登場人物がしゃべる部分と心情を吐露する場面があります。  登場人物の台詞は、改行して「」で囲みましょう。  登場人物の心情を書く場合は、同じく改行して()です。  どちらも字下げをする必要は …

句読点の使い方

2019/06/19   -文章の基本マナー

 句読点とは『。』や『、』のことです。『。』は句点、『、』が読点となります。  句点は文章の終わりで打ちます。英語で言うところのピリオドにあたります。文章終わりは「~です」や「~でした」などパターン化 …

視点を選ぼう

2019/06/08   -準備編

 まだ書き始める前に決めておくべき重要なことがあります。  それは小説をどの視点で書くかです。  小説には大きく分けて一人称視点と三人称視点があります。  一人称とは、自分(主人公)視点で物事を見て、 …

登場人物の設定を考えよう

2019/06/07   -準備編

 小説には必ず登場人物がいます。  登場人物の設定はプロットと同じぐらい重要です。物語を書き始める前になるべく詳しく書き出しておきましょう。  性別・年齢・学年・容姿の特徴はもちろん、過去のエピソード …

Copyright© 小説の書き方(素人) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.