小説を書きたい人のためのサイト

小説の書き方(素人)

技術編

体言止めを多用しない

投稿日:

 体言止めとは、文章の終わりが名詞で終わる文法の事です。
 以下は体言止めの例文です。

例)
 ・思わぬ人物の登場に驚いた顔をした、A子。
 ・悲鳴を聞いて脱兎のごとく走り出した、主人公。
 ・今日の1時間目の授業は社会科。
 ・かぞえきれぬ星々が美しくきらめき、静寂に満ちた宇宙空間。
 
 書き慣れてくるとついつい多用してしまいがちです。
 乱発すると文章が中二っぽくなるので、ここぞと言うときにだけ使った方が効果的です。

-技術編

Copyright© 小説の書き方(素人) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.